スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原子爆弾(4)戦争への道

アメリカはなぜ、この非人道的な原爆を長崎に投下したのか。
アメリカとは全く無関係な土地に、全く無関係な15万人をいきなり殺傷したかった訳ではあるまい。

歴史にはそれなりに因果がある。

まずは日本が戦争を始めた経緯を改めて辿ってみよう。

110820_shoheki16.jpg
▲日清戦争と日露戦争(ふたつの勝利と帝国主義のはじまり)
 明治政府は列強に追いつけと富国強兵で国家維持を図り、日清戦争(1894-95)、日露戦争(1904-05)の勝利を経て領土を拡大した。いわゆる帝国主義のはじまりだ。

▲中国と朝鮮(日本の植民地支配)
 日本はついに1910年韓国を併合する。第一次世界大戦(1914-18)が起こり、日本は日英同盟に基づきドイツ(租借地、植民地)へ宣戦布告。中国へ対華21カ条要求を突き付けた。

110820_shoheki15.jpg
▲第一次世界大戦(平和と軍縮)
 ドイツが降伏し第一次世界大戦は終わる。1919年パリ講和会議に日本は5大国の1国として参加。その後のヴェルサイユ条約で日本は山東半島の権益は認められたが、中国やアメリカに反日感情が起こる。
 
▲政党政治と軍部の台頭(軍国主義への移行)
 1923関東大震災が起こる。1927金融恐慌がはじまる。1929世界大恐慌。世情不安を背景に軍部が台頭してくる。だが国際情勢は軍縮の流れ。だんだんと日本に対する中国侵略への風当たりが強くなる。1931満州事変。日本国内は1932五・一五事件。1936二・二六事件。ついに、1937盧溝橋事件が勃発し、日中戦争へ突入。1945終戦まで続いた。

これらの軍部の政治介入、中国における帝国陸軍の暴走は、日本の国際社会からの孤立化に拍車をかけた。アメリカは在米日本資産の凍結や対日石油輸出全面禁止など厳しい経済制裁を発令、イギリスやオランダと同調したいわゆるABCD包囲網を完成させ、いよいよ日本を追い込んだ。

そして1941年12月8日、追い込まれた日本は、誰しも勝てるとは思わなかったアメリカに対し、真珠湾攻撃を仕掛けてしまう。
これに至る経緯として、

先日NHKで放送された「日本はなぜ戦争へ向かったのか」では、第1回“外交敗戦”孤立への道、第2回 巨大組織“陸軍” 暴走のメカニズム、第3回 "熱狂”はこうして作られた、第4回 開戦・リーダーたちの迷走の4回シリーズで、外交の失敗、陸軍の暴走、メディアの追従、リーダーの迷走を原因にあげた。

しかし、一方で真珠湾攻撃陰謀説もある。

ま、これがあったかなかったに拘わらず、日本が戦争に向かわざるを得なかった要因は多々あり、同時に立ち止まり、引き返す道も多々あったはずである。

日本人は、立ち止まること、引き返すことを知らない民族なのか。
現在の状況が「いつか来た道」だとしたら、過去の歴史をもう一度見つめ直し、肝に銘じ、事に当たっては、立ち止まり、また引き返す勇気が必要なのではないだろうか。

 >続く

テーマ : 世界恒久平和を実現しよう
ジャンル : 政治・経済

原子爆弾(3)原爆資料館

「傷壁」を観た後、誘われるように原爆資料館へ入った。久しぶりだ。

A.被爆前の長崎 B.原爆による被害 C.核兵器のない世界 D.ビデオルーム などのコーナーに分かれている。

110820_shoheki10.jpg
▲被爆前の浦上天主堂。30年の歳月をかけ信徒の辛苦の末、大正14年(1925年)に完成。かつて東洋一と言われた。

110820_shoheki11.jpg
▲その完成よりたった20年、原爆で一瞬のうちに崩れ落ちた。天主堂を特徴づけていた84体の天使半身像、33体の獅子、14体の聖者石像もろとも瓦礫と化した。

110820_shoheki12.jpg
▲これがファットマンだ。チャーチル英首相にちなんで、名づけられた。アメリカはこの1発に20億ドルを投入し、15万人もの市民を一瞬のうちに死傷させたわけだ。

110820_shoheki13.jpg
▲証言ビデオコーナー。山里国民学校で男性教諭としてただ一人生き残った私の伯父(林 英之)も証言している。

110820_shoheki14.jpg
▲「悲しき別れ~荼毘~」(松添 博)。いつ見ても涙を誘う。

  >続く

テーマ : 世界恒久平和を実現しよう
ジャンル : 政治・経済

原子爆弾(2)傷壁

110820_shoheki04.jpg
原爆資料館の円形パビリオンの螺旋スロープを下りて行くと、あ、やってる、やってる。

110820_shoheki05.jpg110820_shoheki08.jpg
▲悲愁なる記憶「傷壁(しょうへき)」は、旧浦上天主堂の解体が1958年に始まることを知った一瀬さん(77)が、後世に残さねばと解体される直前まで、自分の指と爪を使って必死に描いた作品だ。

110820_shoheki06.jpg110820_shoheki07.jpg 
▲原爆で崩れた天主堂の壁が、被爆者の引き裂かれた肉や血のようにみえたという。

110820_shoheki09.jpg
▲自ら被爆し、白血病を患う一瀬さん。福島第一原発事故が起こった今。「核と人間は共存できない」。その思いを伝えるためにこの画集「傷壁」の出版を決意したという。

この展示会は、ピースミュージアムの主催で8/17~23に行われた。

(参考)8/9付 毎日新聞

人間の歴史は、遠い昔からずっと過ちを繰り返してきた。
でも核の過ちは繰り返せない。人類の滅亡につながるから。

戦争の記憶、原爆の記憶、絶対に人間が忘れてはならない記憶・・・残さねばならない。語り継がねばならない。

 >続く

テーマ : 世界恒久平和を実現しよう
ジャンル : 政治・経済

原子爆弾(1)落下中心地

旧浦上天主堂の被爆遺構を描いた画集「傷壁」を出版された一瀬比郎さん。

氏を先日取材したこともあって、その原画展を観に原爆資料館に向かった。

110820_shoheki02.jpg
▲松山町の爆心地公園を通ると笛の音が聴こえてきた。耳を澄ますとメロディーは「島原の子守唄」。中心碑に向かって背広姿の男性が演奏されている。原爆によって惨たらしい死を強いられた霊魂を鎮めようとされているのか。♪はよねろ泣かんでオロロンバイ・・・悲しい響きであった。

110820_shoheki01.jpg
▲この中心碑の上空500mでB29「ボックスカー」から落下されたプルトニウム型原子爆弾「ファットマン」は炸裂した。1945年8月9日11時2分のことであった。7万4千人が命を落とし、7万5千人が重い傷を負った。

この中心地から1km以内で直接被爆した者は100%死亡した。熱線(7000度)や爆風(440m/s)によるのは勿論のこと、たとえ外傷がなくても核分裂により放射されたガンマ線や中性子線で全身の細胞のDNAが破壊されてしまうからだ。

僕の母はこの地から南へ1.2km行った茂里町の三菱兵器工場で被爆した。14歳だった。魚雷の信管を作っていた。いつも働いていた研究室にいたら同僚と共に死んでいた。たまたま外出しており建物の陰で被爆したのが幸いした。それでも身体は宙を舞ったという。現在80歳。元気にしている。奇跡だ。ということは僕の存在もまた奇跡である。

110820_shoheki03.jpg
▲中心碑の右手に旧浦上天主堂(中心地から北東500mにあった)の被爆遺構の一部が移設され、その原爆の威力を静かに物語っている。

  >続く

テーマ : 世界恒久平和を実現しよう
ジャンル : 政治・経済

日本人はなぜ戦争へと向かったのか・・・

観て欲しい。特に若い人に。

核の脅威を次世代に伝えると同時に、最も考えなければならない人間の根源的な問題がある。
このことを伝え、考えなければ、きっと、また人間は過ちを繰り返す。

日本人はなぜ戦争へと向かったのか・・・

NHKSpecialSensou00.jpg

NHKSpecialSensou01.jpg
第1回 ”外交敗戦”孤立化への道
 満州事変の対処において世界の潮流を見誤り、国際連盟を脱退。さらに、孤立を避けようと最も危険なドイツ接近を選ぶ。当時の外務大臣をはじめとする数々の証言と最新の研究から、外務省と陸軍が二重外交を繰り広げて国際的な信用を落とし、さらに、入手した情報を共有せず国家戦略なきままに外交を展開するというミスの連鎖が浮かび上がってくる。

NHKSpecialSensou02.jpg
第2回 巨大組織“陸軍”暴走のメカニズム
 戦争を引き起こした戦犯とされる日本陸軍は、なぜ、いつから暴走したのか。人事記録や幹部の発言を子細に追う最新の調査の結果、浮かび上がってくるのは、エリート官僚集団が徐々に変質し、中心なきまま迷走していく姿だ。当初、世界から遅れぬよう“改革”を叫んだ若手の軍官僚たちは、軍の枢要なポストを独占し思い切った机上のプランを実行に移すようになる。そして軍事戦略の違いから派閥抗争を繰り返し、やがて、現地が東京の軍中央の統制が効かないまでに混乱が広がる。
巨大エリート組織が暴走した“錯誤のメカニズム”を、まさにその組織の最前線にいた当事者が赤裸々に語る。

NHKSpecialSensou03.jpg
▲軍務局長 永田鉄山 統制派の中心人物。皇道派と対立。後、斬殺される。彼が生きていたら、あるいは大東亜戦争も避けられたかもしれない。

NHKSpecialSensou04.jpg
▲現地が東京の軍中央の統制が効かない・・・

NHKSpecialSensou05.jpg
▲そのセクションの長になったら、組織全体のことではなく、そのセクションの最大化を担うのは自分だと考えるようになる。そうすると全体の利益と合わなくなる。

NHKSpecialSensou06.jpg
▲あなたの周りの組織にも当てはまる。そのとき、あなたはどういう行動をとるのか。戦争も同じだ。

NHKSpecialSensou07.jpg
▲そして、強弁論に流されていき・・・

ぜひ、第3回(2/27)、第4回(3/6)夜9時 をご覧になって、それぞれ身近な問題としてとらえて欲しい。

遠い昔の話ではない。つい最近の日本に起こった話なのだ。

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
プロフィール

リンデン

Author:リンデン
リンデンの長崎ケルンへようこそ!

長崎には「墓・坂・馬鹿」が多いと揶揄されますが、「先人(歴史・文化)を敬うハカ・人の苦労(斜面都市・殉教・被爆)を知るサカ・自らを捨て人に尽くす(まつり・地域活動・平和運動)バカ」のことだと解釈し、このハカサカバカ精神で行動しながら、ケルン(記事)を積んでいます。

あなたもよかったら、ケルン(コメント)を積んでいってくださいね。

facebook
twitter
mixi
freeml
you-tube

カテゴリ
最新コメント
リンク
月別(表示数指定)
検索フォーム
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。