スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

市民セミナリヨ2014~カトリックの信徒発見とプロテスタントの日本宣教

140927_CitizenSeminario.jpg

長崎の文化を考える市民グループ・アジェンダNOVAながさきが企画した「市民セミナリヨ2014~カトリックの信徒発見とプロテスタントの日本宣教」は10/27、活水女子大東山手キャンパスの大チャペルで終了した。

このイベントは、スイス在住の世界的バイオリニスト河村典子さんの固定ファンから、2011「長崎"祈り"コンサート~未来へのメッセージ~」、2012「聖者に捧げるバッハの祈り」に引き続き、長崎で演奏会をして欲しいとの依頼から企画した。

アジェンダらしい企画をしたかったので、信徒発見150年を来年迎えるカトリックと今年日本宣教155年を迎えたプロテスタントの対談とからめてはと発案した。会場がプロテスタントの活水女子大ということもあった。

カトリック側は、カトリック大司教区エキュメニズム・諸宗教委員会の野下千年神父と、プロテスタント側は、長崎キリスト教協議会の藤井清邦牧師にお願いして快くご了解いただいた。

1865年、大浦天主堂の「信徒発見」をきっかけとして、「浦上四番崩れ」という新たな迫害が起こってしまったが、その6年前から日本に宣教に来ていたプロテスタントのフルベッキは、大波止から浦上の村民たちが全員流配される姿を見て、宗派は別れたとはいえ、同じイエスを祈るキリスト教徒として居たたまれず、各国領事や大使たちに抗議の声を上げさせたという。

また彼は、当時の明治政府に通訳として招かれた時に「岩倉遣欧使節団」を起案し、欧米各国を回らせ、キリスト教徒からの強い抗議を受けさせた。

これが1973年の禁教の高札撤去へとつながったわけである。

長崎の宗教界は、長崎県宗教者懇話会を始めとして、過去の歴史を乗り越えて共に震災の祈りや平和の祈りを捧げる活動が盛んである。宗教や宗派が違っても平和を祈る気持ちは同じである。

カトリックとプロテスタントは1517年に宗教改革で袂を分かったが、2017年に宗教改革500年を迎えようとする今、長崎ではすでに21世紀の宗教改革が始まっているようである。

第一部はこの対談に引き続き、第二部で河村典子さんらトリオのコンサート。

この日は、いろんなところでイベントが重なっていたようだが、270名の方々にお集まりいただき、好評のうちに終了した。

会場探しから、企画、後援依頼、印刷物準備、チケット販売と、今回は本当に苦労したが、来場された方々、演奏者、そしてそのファンの皆さまから好評価を受け、本当に報われた。

テーマ : ボランティア活動
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 長崎 歴史 信徒発見 音楽

「シリーズ復活の丘~マリアが見守る浦上の受難~」第5回慈悲の聖母・み母マリア

きょう(8/22)放送!!

DSC_1404.jpg
シリーズ「復活の丘」~マリアが見守る浦上の受難~第5回「慈悲の聖母・み母マリア」

一発の原子爆弾の犠牲となった純女学徒隊。

彼女らは、戦局が厳しくなって「学徒動員」として兵器工場などで働かされた

 純心高女の13歳と14歳の少女たちだ。

DSC_1929.jpg

彼女らが死んでいく時に、洗礼を授けてあげた人がいた。

信徒発見」の発言者の一人クララてるの曾孫・森内秀雄さんだ。

140820_155743.jpg
彼はすでに帰天したが、生前、息子浩二郎に毎年その話を聞かせた。

浩二郎さんは、純女学徒隊の慰霊祭でそのことを話すことを決める。

また、長崎医大のレントゲン医師だった永井隆は、

原爆で犠牲となった純女学徒隊に次の詩を寄せた。

「燔祭の 炎の中に うたいつつ 白百合少女 燃えにけるかも」

果たして「燔祭」とは? 永井の思いとは?

8/22(金)のNCC「スーパーJチャンネルながさき」(18:25~18:55)の特集でOA

復活の丘

テーマ : TV番組
ジャンル : テレビ・ラジオ

tag : 長崎 浦上 歴史 被爆 テレビ 信徒発見

「シリーズ復活の丘~マリアが見守る浦上の受難~」第4回無原罪の聖母マリア

明日、8月5日(火)18:25-1855「スーパーJチャンネルながさき」内の特集で放送。

復活の丘
▲シリーズ復活の丘~マリアが見守る浦上の受難

無原罪の御宿り_ムリーリョ
▲第4回 無原罪の聖母マリア

明治6(1873)年、ついにキリシタン禁令の高札が撤去されます。

1614年に始まった全国的キリスト禁止令から259年が経っていました。

ついに信仰の自由を勝ち取った浦上キリシタンは、

自分たちの「神の家」の建設と、日本人初の、病や貧困で苦しめられた者たちの社会福祉活動でした。

そして、その「教会の花」と「愛の花」は、一斉に咲き乱れ、現在も引き継がれています。

DSC_1760.jpg
▲浦上キリシタンの乙女たち(十字修道会)

SayuriHaruna01
▲収録スナップ(田中沙百合とタナカハルナ)

テーマ : TV番組
ジャンル : テレビ・ラジオ

tag : テレビ 長崎 信徒発見 被爆 歴史 浦上

「シリーズ復活の丘~マリアが見守る浦上の受難~」第3回禁教のマリア観音と聖クララ

FukkatsuNoOka_Logo.jpg

「シリーズ復活の丘~マリアが見守る浦上の受難」

IMG_179191783633831.jpeg
第1回「信徒発見のサンタマリア」(4/25OA)では、世界を驚かせた信徒発見の出来事を通して、浦上キリシタンの「勇気」を、

DSC_0952.jpg
第2回「乙女峠の聖母マリア」(5/28OA)では、信徒発見後に起こった明治政府の新たな迫害と、それに堪えた浦上キリシタンの「信念」を、描いてきました。

efumi01.jpg
そして第3回「禁教のマリア観音と聖クララ」は、信徒発見以前の禁教時代の話に移ります。

6/25(水)18:25~18:55「スーパーJチャンネルながさき」内の特集でご覧ください。

1614年の全国的キリシタン禁制から1865年の信徒発見までの250年間、

浦上のキリシタンはなぜ、潜伏しながらも信仰を守り続けることができたのでしょうか。

よく言われるのが、帳方・水方・聞役という「潜伏組織」の存在と、教会暦「バスチャン暦」の存在。

しかし、それだけではなく、大きな理由がありました。

潜伏したキリシタンは哀しく苦しいものですがが、キリシタンを取り締まる奉行所にも、また檀家がキリシタンではないと保証しなければならない旦那寺にも、それぞれの立場とそこには同じ人間がいました。

共に同じ地域で暮らす者同士、、そこには同じ人間としての「慈愛」があったのではないでょうか。

bonodori.jpg

テーマ : TV番組
ジャンル : テレビ・ラジオ

tag : 長崎 テレビ 信徒発見 浦上 歴史 被爆

「シリーズ復活の丘~マリアが見守る浦上の受難~」第2回乙女峠の聖母マリア

先月から始めた好評の特集「シリーズ復活の丘~マリアが見守る浦上の受難~」

第2回乙女峠の聖母マリアは、、、

明日(5/28)スーパーJチャンネルながさき(月-金18:25-18:55)内で放送します!

今回は放送前に制作スナップを一部公開。

DSC_0886.jpg
▲今回のロケは島根県・津和野。山口との県境の小さな町です。途中の小川で一休み。

DSC_0900.jpg
▲津和野の町から約2km離れた所に「乙女峠」はあります。明治初年、ここで何があったのでしょう。

DSC_0952.jpg
▲毎年5月3日に「乙女峠まつり」が行われ、全国から1500人のカトリック信者が集まってきました。

DSC_0984.jpg
▲ここで浦上キリシタン36人が殉教しました。なぜ?信仰を守り通した高木仙右衛門とは?

DSC_0997.jpg
▲「山陰の小京都」と呼ばれる津和野。ここをバックに「切支丹牢屋ノ唄」を歌いました。

IMG_179148196139934.jpeg
▲制作したのは「teamゆりてる」。前回「信徒発見のサンタマリア」の再現シーンで「ゆり」役をした田中沙百合さんと「てる」役をタナカハルナさん。カメラはホット・マイティ・カモちゃん。

IMG_179169714633586.jpeg
▲二人は何をしたのか。今回から彼女らには演技ではなく、リアルな体験をしていただきます。

 それほど浦上歴史は重い。「teamゆりてる」は本気です!お楽しみに!

テーマ : TV番組
ジャンル : テレビ・ラジオ

tag : 長崎 テレビ 信徒発見 浦上 歴史 被爆

「シリーズ復活の丘~マリアが見守る浦上の受難~」第1回信徒発見のサンタマリア

4月から「スーパーJチャンネルながさき」(月-金18:25-18:55)内でシリーズの特番を作っている。

「シリーズ復活の丘~マリアが見守る浦上の受難~」

来年2015年に迎える「信徒発見150年」と「被爆70年」に向けた企画である。

かつて浦上は、キリシタン迫害や被爆など世界的に類をみない受難に見舞われ、そこから奇跡的に立ち上がってきた村である。

その歴史とその人たちを追い、世界に発信したい。

第1回は「信徒発見のサンタマリア」4/25に放送終了し、好評だった。

その時の撮影スナップを紹介する。

「信徒発見」の再現ドラマをタレント・田中沙百合さんとシンガーソングライター・タナカハルナさんにお願いした。

DSC_0624.jpg
▲スタジオで初顔合わせの時。田中沙百合は「はなきん」のリポーターやミスユニバース長崎大会で特別賞を受賞。タレントとして様々な分野で活躍中。タナカハルナは県産品やがんばらんば国体のPRに出演中。どちらも大村出身。現在売り出し中の旬な二人だ。

7代250年待ちわびたローマからの神父さまに信仰を告白する”ゆり”と”てる”

DSC_0739.jpg
▲”ゆり”役は田中沙百合。髪結いと着付けは劇団ちゃんぽんさんにお願いした。

DSC_0726.jpg
▲”てる”役のタナカハルナ。

IMG_179191783633831.jpeg
▲”プチジャン神父”役は本物の神父!西町教会のジェブーラ神父だ。

IMG_179196607974652.jpeg
▲”てる”の子孫に当たる森内浩二郎さんにもお話を伺った。

IMG_179231986972454.jpeg
▲そしてオンエアー!!

第2回「乙女峠のマリア」は近日公開!!お見逃しなく!!

テーマ : TV番組
ジャンル : テレビ・ラジオ

tag : 長崎 信徒発見 テレビ 浦上 被爆 歴史

朴葵姫(パク・キュヒ)ギターリサイタル

小雨混じりの日曜の朝、久しぶりに買ったギターのCDを聴きながら昨晩の余韻に浸っています。

DSC_0677.jpg

朴葵姫(パク・キュヒ)ギターリサイタルに行ってきました。

DSC_0675.jpgコンサート情報(facebook)

彼女は韓国生まれの29歳。3歳のころから横浜でギターを始め、東京音大からウイーンに留学、以来数々の国際コンクールで優勝してきた若手実力派。→オフィシャルHP

可愛いでしょ。会場の最前列カブリツキで聴いてまいりました。
何かお伽の国のお人形さんが弾いてるような不思議な感覚でした。

しかし、演奏は素晴らしい。小柄な割にしっかりとした音。左手が柔らかいのでしょうね。ほとんどミスタッチがない。

特に感心したのはトレモロ!こんな粒の揃ったトレモロを聴いたのは(僕を除いて)覚えがありません。

ちなみにこれを聴いてみてください。→最後のトレモロ/A.バリオス

プログラムは、
・スカルラッティの二つのソナタ
・ディアベリのソナタ
・アルベニスのカタルニア奇想曲とアストゥリアス
カタルーニャ奇想曲/I.アルベニス

長崎出身の谷川英勢くんとのデュオで
・ニューシネマパラダイス
 これ、誰かやったことがある?譜面が欲しい!

・ソルのアンクラージュマン
 ご存じ、慰安。いやん、すばらしい!

休憩をはさんで
・バリオスのフリアフロリダワルツと最後のトレモロと大聖堂
・ヒナステラのソナタ

アンコールは、
・ディアンスのタンゴ・アン・スカイ

いや~~楽しみました。

もう舞い上がっちゃって、2ショットを撮ってもらうために、CD買ってサインしてもらっちゃったとさ・・・(笑)
DSC_0673.jpg

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

スプリングコンサート

毎年行われる「スプリングコンサート」

昨年は忙しくて出演しなかったら、何と1年間ほとんどチェロに触らなかった。

これじゃダメだと一念発起。

今年は出ようとしたが忙しさは変わらない。といっても仕事だけじゃないけどね。

ということで今年は4重奏にしてもらった。

140329_cello.jpg
▲リハーサルの模様。

曲は、「パッヘルベルのカノン」と「見上げてごらん夜の星を」。

反省会で、「来年こそは、来年こそはと言わないようにします」と宣言したのだが、

あの日以来、ほとんどまたチェロに触っていない・・・・^^;;

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

信徒発見150年前年祭 大浦天主堂で三人の天使たちと巡りあう

3月17日は、信徒発見から149年、来年いよいよ150年記念を迎える。

「世界宗教史上の奇跡」と呼ばれたその信徒発見の舞台となった国宝・大浦天主堂では記念ミサが行われた。

天主堂内記念ミサ
▲髙見三明カトリック長崎大司教の司式

三人の天使1三人の天使2
▲三人の幸運の女神

三人の天使3
ミサを終えた天主堂
▲記念ミサが終わった天主堂

テーマ : 長崎
ジャンル : 地域情報

信徒発見150年前年祭 カトリック浦上教会の聖母行列

幕末、日仏通商修好条約により外国人居留地に建てられた大浦天主堂の建堂式から1か月経った1865年3月17日。

浦上の農民12-15人が大浦天主堂を訪ねた。

そしてプチジャン神父に告白した言葉「あなたの胸、私の胸と同じ」「サンタマリアの御像はどこ?」は、喜びと驚きをもってパリ外国人宣教会とローマ法王ピウス9世に報告され、「東洋の奇跡」と呼ばれた。

禁教から250年、キリシタンは絶えてしまっていたと思われていたのだ。



来年、その信徒発見から150年を迎える。カトリック浦上教会で3月16日、その前年祭が行われた。
聖母行列の先頭は「被爆マリア像」、それを迎えるカトリック長崎大司教区髙見三明大司教。

信徒たちはその後聖堂内で記念ミサを行った。

テーマ : 長崎
ジャンル : 地域情報

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
プロフィール

リンデン

Author:リンデン
リンデンの長崎ケルンへようこそ!

長崎には「墓・坂・馬鹿」が多いと揶揄されますが、「先人(歴史・文化)を敬うハカ・人の苦労(斜面都市・殉教・被爆)を知るサカ・自らを捨て人に尽くす(まつり・地域活動・平和運動)バカ」のことだと解釈し、このハカサカバカ精神で行動しながら、ケルン(記事)を積んでいます。

あなたもよかったら、ケルン(コメント)を積んでいってくださいね。

facebook
twitter
mixi
freeml
you-tube

カテゴリ
最新コメント
リンク
月別(表示数指定)
検索フォーム
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。